解体工事- DEMOLITION -

木造解体

一口に解体工事と言っても、家屋の構造・状態や立地条件・築年数・大きさなどによって工事の手順は異なります。

したがって、家屋などの木造構造物の規模、建築年数、工期、近隣環境、敷地条件にあわせて安全作業の確保と、近隣家屋など周辺環境に配慮した解体工法を選択します。

解体工法には手こわし工法と機械解体工法とがあり、手こわしと機械解体を併用することもあります。いずれの場合も手作業による分別作業を行い、建設副産物の再資源化が必要になります。