解体工事- DEMOLITION -

RC解体

RC造(鉄筋コンクリート造)の建物は、鉄筋の芯にコンクリートを流し込んで形成したものを柱とします。鉄筋とコンクリートを組み合わせることで、非常に頑丈に剛強に作られています。

RC造の建造物は、非常に頑丈に作られている分、解体は大掛かりな工事になります。近隣への振動や騒音、粉じん対策が必要な上に、解体現場での作業は危険も伴います。ひとたび事故が起きれば周囲への被害や影響も大きなものとなります。

当社では数々の解体工事に携わってきた経験豊富な職人が対応いたしますので、どんな施工もお任せください。近隣の方の安全にも充分に配慮し、慎重に作業を進めていきます。

木造解体

一口に解体工事と言っても、家屋の構造・状態や立地条件・築年数・大きさなどによって工事の手順は異なります。

したがって、家屋などの木造構造物の規模、建築年数、工期、近隣環境、敷地条件にあわせて安全作業の確保と、近隣家屋など周辺環境に配慮した解体工法を選択します。

解体工法には手こわし工法と機械解体工法とがあり、手こわしと機械解体を併用することもあります。いずれの場合も手作業による分別作業を行い、建設副産物の再資源化が必要になります。

倉庫解体

家屋の解体に続き多いのが倉庫や車庫の解体です。倉庫にも種類が豊富で、木造物置やプレハブ倉庫、鉄骨倉庫に鉄筋コンクリート倉庫などもあります。

昔の倉庫の壁材等に使われてるスレートという建材は、非飛散性石綿(アスベスト)含有建材のひとつです。解体方法を間違えると、肉眼では見えにくい人体に有害な極めて細い繊維が飛散してしまう恐れがあります。

当社の倉庫解体は、アスベスト飛散防止対策を講じて、飛散するリスクを限り無く少なくすることができます。

物置小屋解体

ベランダやお庭、屋上にある不用になった物置・倉庫の解体、処分は株式会社Oslinkへお任せください。

簡単に設置されたもの以外にも、基礎のコンクリートなどがきちんと作られたものまで、幅広く対応しております。

古くなった物や錆や壊れて使えなくなった物置など、当社スタッフが解体から処分まで行っています。中に入っている不用品の処分にも対応いたします。

外壁撤去

耐震補強されていないブロック塀等は、地震発生時の倒壊により通行人等が負傷する恐れがあるばかりでなく、緊急車両の通行を妨げることになります。

外壁材撤去工事は、近隣の方の安全にも充分に配慮し、道路・隣接地への飛散防止のため、足場・養生シートを設置して、慎重に作業を進めていきます。

プレハブ解体

プレハブには「ユニット系」を中心に「木質系」「鉄骨系」「コンクリート系」などの材質があり、主に倉庫や事務所、住宅などに利用されています。

プレハブの解体は、その大きさや材質、基礎の有無(ある場合は木材かコンクリートか等)、作業スペースの広さや隣接する建物等との距離、重機が必要かどうかなど様々な条件によって変わります。

当社では、プレハブ室内の不用品も丸ごと撤去いたしますので、面倒な片付けなども一切不要です。

カーポート撤去

大雪などや台風などで壊れてしまったカーポートや作ってみたけど邪魔で撤去したいなどお困りの際はご相談ください。

カーポートの解体は、1台用の物から数台入る物までどんな大きさでも対応可能です。素材(アルミ、木造、鉄骨、H鋼など)や柱の本数などによって作業内容は異なります。

また、支柱などの切断のみや埋立処理まで、お客様の最適なプランをご提供いたします。